マニホールド形状

難形状のマニホールドもお手のものです

いくつものドリル穴が連なり、奥深いところで公差する難形状のマニホールド…。

この細い穴を半導体洗浄装置などで使用される薬液や、シリンダの力の源であるエア、
時には大気・排気ガスを測定する装置の試薬などが、制御され流れて行きます。

マニホールドで最も大切なのが、想定する流体量を流せるかどうかです。
その鍵を握るのが面の粗さと、加工時に発生するバリの処理に尽きるのではと思います。

特に細くて奥が深い長穴のマニホールドや、公差部分が連続するような複雑な形状では
面相度の低下や、バリ処理が上手く出来ないと問題が発生してしまいます。
当社はこれまでに様々な種類のプラスチックで、マニホールドを手掛けて参りました。
その経験を活かして、思い通りのマニホールドを加工します。

当社は実績と経験が豊富です。

「面難度で困っている…」「穴が細すぎて心配だ…」など色々ご相談ください。
医療現場や、深海調査などの高度な技術を必要とする場面にも当社製品は活躍します!

アクリルの長穴加工サンプル!

アクリルの長穴加工サンプル!

PTFEマニホールド

PTFEマニホールド

深海調査で使用される複雑なマニホールド

深海調査で使用される複雑なマニホールド

PSF樹脂(医療)

PSF樹脂(医療)

50μ~500μの流路

50μ~500μの流路

面粗度確認検査

面粗度確認検査

融着技術を使用したマイクロ流路はマニホールドの加工技術の延長線上にあります。この技術は切削加工だけでは不可能な形状を可能にします。

詳しくは融着技術のページをご覧ください。

お問い合わせはこちら

News&TopicsMORE

大阪の元気!ものづくり企業

女性従業員さんがエンジニアをテーマにしたアクセサリーや大切なペットを更に可愛くするアイテムなどを製作販売しております。当社のpetite marque 、Ke-resin !